花杏のBLCD漂流記~Drift Among BLCD~

花杏が聞き散らかしたBLCDをネタバレ有の内容重視で語るブログです。

タグ:高橋広樹

花杏の頭の中97%は堀内賢雄さんですが、残りの3%は三宅健太さんで占められているそうです(脳内解析結果より)なので、なにか強烈な三宅健太さんは無いかと探してみたところ、ありました、ものすごいのが、出番少ないながら強烈なのが、ありました。

ラブネコ
CAST 武内健×中村悠一 高橋広樹×中村悠一 下野紘×三宅健太

あらすじラブネコ
高校教師の矢吹英二(中村さん)が癒しを求めて買ったのは超カワイイ猫耳ラブマシンネココ(武内さん)、ネットの写真は女の子、届いたこいつはどう見ても男。お部屋のことしてくれて食事のこともしてくれて、夜はいろいろしたかったのに、俺がいろいろされてるってどーいうことだ?!しかもなんだ、ネココを作ったのは、勤務先の学校の生徒?生徒たちには弱みを握られネココにはアソコを握られ、いつのまにか心も奪われちゃったツンデレ教師のドタバタラブコメに、猫耳ラブマシン第二弾人妻型ミミオ(下野さん)と意外にロマンチストな俊明(三宅さん)の物語もあるよ。続きを読む

BLCD一覧に五十音を載せよう計画「ら」行編。メインカプがDABAさんズで且つダブルダイスケCD。

恋愛DAYS~ひとつ屋根の下~
CAST 小野大輔×立花慎之介 高橋広樹×平川大輔 羽多野渉

あらすじ
30175595.jpg
同じ家で生活している中学教師の准輔(高橋さん)と整体師の帝互(平川さん)、高校生の賢児(小野さん)と皇太(立花さん)はそれぞれ幼馴染でカップル。いろんなものを乗り越え今現在ラブラブでっす♪な大人たちと、日々当てられっぱなしの高校生カップルの何気ない日常を覗いてみませんか?

続きを読む

内容には全く関係のない話ですが、日本の戸籍ってアフォなんじゃないかと真剣に思います。

Dear.ジェントルパパ
CAST 伊藤健太郎×野島健児 高橋広樹×宮田幸季

あらすじ90defacc.jpg
親友の京太郎(高橋さん)に恋人ができた。ずーっとつるんでた奴だったから、うれしいようなさみしいような、ちょっと複雑な気分。でも紹介してくれたのは小学6年生の男の子なお君(宮田さん)!って京太郎それは犯罪だー!!!・・・・・・で、俺、なんでなお君のお父さん(イトケンさん)と仲良くなってるんだろう?

続きを読む

世の中に「吉野裕行」さんという声優がいなければこのCDも存在しなかった、吉野さんのために造られたキャラクターなんじゃないかと思えるくらいにはまり役まさに神キャスト!

傷だらけの愛羅武勇
CAST 吉野裕行×安元洋貴 岸尾だいすけ×高橋広樹

あらすじ7e08832d.jpg
喧嘩上等売られた喧嘩はきっちり買わせてもらおうじゃねぇの、タイマン勝負で負ける気はしねぇんで、そこんとこ夜露死苦。そんな高校生ヤンキー神田清志郎(吉野さん)に何度負けてもタイマン挑んでくる1個上のセンパイ上坂要(安元さん)。角刈り頭で顔も声もオッサンだけど、正真正銘のハイティーン。何度シメてもあきらめずに来てくれる、俺は、この人が、大好きだーーーっっっ!!!わーい今日も呼び出してもらっちゃったー。よーし言うぞ今日こそ言うぞ告白すんぞーーーーー!

続きを読む

うっかり人間界に落ちちゃったアクマが恋したのは、なんと教会の神父様。

アクマのひみつ
CAST 高橋広樹×鈴村健一 森川智之×井上和彦

あらすじa0a3753a.jpg
ここは、どこかの小さな国のとある田舎の古い教会。ここでお世話になっているのは、縦ロールならぬ角ロールとカギしっぽを持つ少年ラウル(高橋さん)。アクマそのものの外見だけど、アクマらしいところなんて全くない・・・・・・神父さん(鈴村さん)への度重なるセクハラを除いては。ラウルはアクマなんかじゃない、だから心も体も許したのに、ある日やってきたのは魔物そのものの容姿と力を持ったラウルの兄バルドレ(井上さん)。いまさらラウルは魔界の住人だって言われてもそんなの信じられない。神よ、私はどうすればいいのでしょう?

続きを読む

花杏お気に入りの作品「きみが恋に堕ちる」のスピンオフ作品、いやむしろこっちが本編?なお話です。

きみが恋に溺れる
CAST 高橋広樹×遊佐浩二  神谷浩史

あらすじ9a14d6d8.jpg
キタコレとうとう俺陣内和史(高橋さん)も店長!と思った矢先、新店長としてやってきたのは大学出たての社長令息主藤礼一郎(遊佐さん)、世間知らずで10個近くも年の違うこいつが新しい上司だと?!それにしても、こいつの世間知らずっぷりはあきれるを通り越してむしろ心配だ。接客のノウハウを教えるうち、なぜか懐かれ、そして恋愛相談までのってやる俺っていったい・・・。こっちの気持ちも少しは考えて!!

続きを読む

このページのトップヘ