花杏のBLCD漂流記~Drift Among BLCD~

花杏が聞き散らかしたBLCDをネタバレ有の内容重視で語るブログです。

タグ:谷山紀章

「おいらリアルがわかんねぇ」
花杏にもわかんねぇ、てやんでぇべらんめぇリアルってなんなんだ?

真夜中の弥次さん喜多さん 愛と幻覚のセレナーデ

CAST 諏訪部順一×櫻井孝宏 石田彰 谷山紀章 中田譲治 山本麻里安 福山潤 皆川順子 子安武人

あらすじyajikita
江戸の長屋に住む弥次さん(諏訪部さん)がディープに愛する恋人喜多さん(櫻井さん)は幸せになれるおクスリが手放せないちょっと困った人。その「ちょっと困った」喜多さんが、ヤクの禁断症状から「とっても困った」事をやらかします。喜多さんの悪癖に困り果てた弥次さんは、二人でお伊勢さんに行くことに。ラウ゛ラウ゛な二人が手に手を取り合ってリアルを探す道中、首になった若様に出会い、棒っくいの弟を愛する岡っぴきに出会い、人面瘡の弥次さん喜多さんも出来て、もうどれが「リアル」で何が違うのかわけがわからないけれど、その中で二人が見つけた「リアル」とは?
続きを読む

シリーズの最終巻にして初めて(じゃなかったことにマンガ読んで気づきましたごめんなさい最初に出てきたのは是3で守夜が言ってます)『是』という言葉が作中に登場。このお話のタイトルの意味がやっと掴めました。

是 -ZE- FINAL

CAST 一条和矢×下野紘 小西克幸 千葉進歩 中井和哉 谷山紀章 前野智昭 鳥海浩輔 三宅健太×平川大輔

あらすじZE6-2
外部の者の侵入を拒む三刀の里、そこに流れ着いた貴光と穂積の兄弟。何年間も変わらなかった里での生活は、この兄弟の出現で変化し始める。借金まみれの弟と尻拭いばかりさせられた兄、そんな二人の仲が良いはずもなく、やがて穂積は宇多を連れて里を出ていった。宇多と里をつなぐのは、年に数回出される宇多からの手紙。数年後宇多は子を産み、その子は力一が『彰伊』と名付けた。三刀の里にいる者にとっても希望であり宝である彰伊、だが実の父親である穂積は金儲けの手段として利用しようとしていた。
続きを読む

出会えてよかったと心の底から思った作品の最終章、とても複雑なのでまずは解説から。

是 -ZE- FINAL

CAST 一条和矢×下野紘 小西克幸 千葉進歩 中井和哉 谷山紀章 前野智昭 鳥海浩輔 三宅健太×平川大輔

あらすじZE6
遠い昔にたどり着いた人の侵入を拒む桃源郷、そこに住むのは言霊を操る一族の兄妹と赤子。燃えるような赤い髪をしたこの男は、和記(一条さん)が唯一心を許し認めた最強の言霊使い三刀力一(小西さん)。死ぬために訪れた場所で、生きる意味を与えられた和記は、力一と宇多(”うた”=中原麻衣さん)、そして力一の一粒種千乃(”ゆきの”=高本めぐみさん)の代わりに厄災を受ける紙人形『紙様』を作ることに。力一たち3人と4体の紙様とのぬるま湯に浸かったような日々、それは、長き孤独の果てに見た、一睡の夢。続きを読む

このページのトップヘ