禁じ手ではありますが超大型新人さんが素敵すぎるので、Blu-ray&DVD限定版の特典CDをちょこっとだけ紹介しちゃいます☆

世界一初恋~ラジオCDの場合☆劇場版スペシャル~

メインパーソナリティ 近藤隆 立花慎之介 岡本信彦
ゲスト
 堀内賢雄 蒼月昇

テレビシリーズ放送中に公式webサイト上でやってたwebラジオが、劇場版
Blu-ray&DVD発売に合わせて復活。劇場版のメインキャストをゲストに迎えてのラジオ風フリートークCDです。
多くを書き過ぎないよう気を付けてはいますが、キャラクターとしてではない声優さんたちのCDになりますので、キャライメージ優先したい人は回れ右!新人たちをワタワタさせる超大型新人が気になる人は「続きを読む」から行っちゃってー(ノ>ω<)ノ

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

セカコイファンさんなら聞いたことがあるであろう「世界一初恋 WEBラジオの場合」、今でも公式サイトから過去放送を聞くことができますが、今回なんと劇場版スペシャルとして復活しちゃいました。(´∀`ノノ’パチパチパチ
「世界一初恋 〜ラジオCDの場合☆劇場版スペシャル〜」です。
ドラマCDに良くあるフリートークともちょっと違ってて、ホントにラジオ形式、メインパーソナリティは律ちゃん役の近藤隆さんと千秋役の立花慎之介さんと木佐さん役の岡本信彦さんで、3人のラジオにゲストで招かれたのが横澤役の堀内賢雄さんと桐嶋役の大型新人?蒼月昇さん、みなさんそれぞれセカコイのメインキャストなわけですけど、今回のメインはケンユウさんと大型新人さんです。
まず3人で喋って、「ゲストをお呼びしましょう~」ってなるの、ね、ラジオっぽいでしょ?
で、それぞれ自己紹介「横澤隆史役の声優界の暴れ馬堀内賢雄です」(←自分で言った!)と「桐嶋禅役の蒼月昇です、大型新人です」(←自分で言った!!!)
大型新人の新人発言の破壊力が半端ないです。
なんかね、このすんげー聞いたことのあるお声の超大型新人さん、まだアニメ2作目らしいんです*゚Д゚)*
ケンユウさんはもちろん、メイン3人にも芸歴は及ばないらしいんですけど、「蒼月って呼び捨てでいいんだよ」って言われたところで
「いや、無理っす」
って言うしかないよね(´し _`;)
無茶ぶりしたケンユウさん自身
「俺だって怖いんだよ」
って言っちゃうしねヽ(´Д`;)丿
またこの大型新人さん最後の最後まで新人ネタを引っ張ってくもんですから、メイン3人が終始突っ込みづらそうにしてるのが面白い。
岡本さんなんか若干舞い上がってるっぽかったです、そりゃそーだよねー、レジェンドが目の前にいるんだからねー。
でもでもでもでも、本当に蒼月さんお声が若い!ガンダムパイロットは蒼月さんではないらしいんですけどあえてそこはスルーして、今でも「アムロいっきまーす」そのままの声です、凄いお方だ(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

リスナーさんからの感想メールを紹介しつつ劇場版の感想を語りあうのが多かったかな?
律役の近藤さんは、本編で横澤さんとの共演シーンが多かったのもあるから、感慨一入みたいな?
「あの横澤さんがまさか」みたいな、ね。
アニメシリーズでは高律主軸で物語を追ってたから、ホント横澤さんって恋の障害?嫌な奴?この人がいるから律っちゃん余計に素直になれない??みたいなポジションで、その横澤さんがスーパーイケメンと恋に堕ちるなんて大逆転だよね・・・・・・・・・ってことを蒼月さんが語り始めてびっくりしました!
トーク中にご本人が原作漫画小説全部そろえてアニメも見たって言ってるんだけど、資料として見てんじゃなくてこの作品のファンとして読み込んでくれてたっぽいんだよね。
だってだってだってっ、トーク中さらっと「セカコイ」とか「高律」とか言っちゃうんだよこの超大型新人さん!
そんな略語がスルスル出てくる程度には嵌ってくれてるっぽいよね?ね!“((o(・Д・o*)
んで、花杏も引っ掛かってた「桐嶋の低音ボイス」の描写に悩んだって、うぉう横澤編の小説めっちゃ読み込んでるじゃないっすか!!!
良いんだよ蒼月さん、花杏は絶対「桐嶋さんは中音だ!」って心に決めてたから良いんですよ、ホントあなたがやってくれて嬉しかったし!!!
この大型新人声優界のレジェンドさんの本気が画面からバシバシ伝わってきました。
桐嶋さんの懐の深さ、何より横澤に対するでっかいでっかい愛情、全て蒼月さんそのものだったんだなぁ。。。

さてさて、横澤編のほか4カップルのショートストーリーについてもそれぞれの主演声優さんが語ってくれましたよ。
まずは律ちゃんと高野さん。
律っちゃんも横澤さんもツンデレキャラなんですけど、近藤さん曰くこの二人の違いは横澤さんが王道で律ちゃんはこじらせたツンデレ、とのことでした。
こじらせ過ぎた結果バレンタインチョコをカレーに仕込んだらしいです。
・・・・・・・・いやそれ十分王道のツンデレだってば(`-д-;)ゞ

続きまして雪佐編。
そして大型新人の名言飛び出します↓
「木佐さんって可愛い役ですよね」
まじっすか新人さんまじっすか。
「すっごくカワイイです、で自分にコンプレックス持ってるんですよね」
・・・・・・本編もめっちゃ読み込んでるし見まくってるじゃないですか!
岡本さん良かったね~、この貫禄たっぷりの新人さんにキャラ褒められたよ~、良かったね~~。

そして最後がトリチアです。
トリチアメインの話は編集部出てこないよ?でも高野さんと律っちゃんは面識あるよ?んじゃ木佐さんどーやって出そうか?の結論が
「噂話してくれればくしゃみします!」
え、出演それだけ???っていうか、エメラルド編集部員すら千秋と面識ないんだよね、交友関係激狭だね千秋って。
で、立花さんの感想
「一番最後で、怒った羽鳥に寝室のベッドに連れ込まれるってのがすげーインパクト」
あ、やっぱり(;´Д`)
っつかむしろそれしか残ってないんじゃないかってくらいの破壊力でしたよ?!
出演者皆さん爆笑です、さすが羽鳥だ。

劇場版のお話はここまで。
続きまして恋愛名言のコーナーですけど、横澤さんと蒼月さんの朗読が、マジで、マジで、マージーーでーーー、心地いいです。
あと、ケンユウさんの膝枕発言に小さく答える蒼月さんの、近藤さん曰く『萌えポイント』の映像は是非見たいです。
実際膝枕シーンは原作にあるんだよね~それも、いつかアニメで見れるといいな、あ、この場合はご本人たちではなく桐嶋横澤で良いですよ。

ラストはケンユウさん蒼月さんからのメッセージ。
ケンユウさんはドラマCDからずーっとこの作品に携わってて、事あるごとに「続きを、続きを」と言ってくださってたんですけど、今回初登場した蒼月さんも続編にすごく意欲的でいらしたのがファンとしてとてもありがたかったです。
桐嶋さんと横澤さんとひよちゃんのお話、もっともっともーっと見たいので、是非お願いします。

と言うわけで、Blu-ray&DVD特典「ラジオCDの場合」でしたー☆

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*