漫画「純情ロマンチカ」で美咲君が宣伝してた作品のドラマCD。メインキャストが『是」過ぎてびっくり。別作品のCMだって『是』キャストで埋め尽くされてるぞ。

東山道転墜異聞

CAST 小西克幸×福山潤 緑川光 中井和哉 千葉進歩
(予告編CMに出演 宮田幸季 森川智之 神谷浩史)
東山
あらすじ
国を追われ、最も信頼していた側近平九郎(緑川さん)も失い、残ったのは家に代々伝わる懐剣だけになった松平家の若君修理(福山さん)は、見た目は平九郎にそっくりだか性格がまるで違う彼の弟の郡司(小西さん)と出会い、成り行きで一緒に暮らすことに。郡司や郡司の昔馴染みの熊田勝太郎(中井さん)の手を借りつつ、吉原で楼閣を営む筧才蔵(進歩さん)の世話にもなりつつ、時には松平家の追手にも追われつつ、世間知らずだった若君は独り立ちを目指し日々努力を重ねています。
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

だ。

いや中村春菊作品だ。

春菊作品ながら『是』色全快だ。
紺君に力一じーちゃんに琴葉に近衛に阿沙利。
そして、おまけトラックのCMには彰伊と櫻花様までいる。
見事に三刀家関連。(宮田さんだけかすらなかった、惜しいっ!)

どうでもいいけど是色ってなんか、お経?だっけ??あるよね???

あれ、初っ端から話がそれすぎた

東山道転墜異聞(なぜにこんなに漢字だらけっ?)の舞台は、日本人の皆様が日常的に着物を着るのが当たり前で、オサムライさんが普通にいて城主様だの若様だのもいらっしゃる、そんな時代のお話です。
はっきりした時代設定はなさそうなので、何となくそんな時代っぽいくらいのお話。
そんな時代のどっかの松平とかっていう城主の御子息さまが物語の主人公です。
若様お名前を「修理」様と申しまして、あ、「しゅり」って読むんですけどね、声が福山潤さんなんですね。
修理様には色々複雑なお家の事情がありまして、松平家からお命狙われてると。
それを助けてくれるのが立見郡司さん、お声は小西克幸さんです。
郡司さんは腕っぷしは強いけどお気楽極楽に生きてる方です、ご本人松平家とは一切関係ございません。
松平の若様とお気楽武士さんは、ちゅー☆、とかするシーンもあったりしますけど、でもカップルとかじゃない。
お話も二人のラブストーリーなんか皆無で、「僕松平さんちから追われてまーっす」ってのばっかり。
チャンバラもの+かすかなBL臭って感じかな?
「小西克幸×福山潤」って書いちゃったけど、書くほどの「チュー☆」シーンでもなかったかも。
8割がた適当そうな小西さんが世間知らずすぎてかなりやばい福山さんに手を焼いてる会話は楽しめますが、工口い二人はどこを探してもいませんでした。゜(´Д`)゜。

お話はメインストーリーが3話+おまけの1話。
メイン3話の一話ずつに、緑川さん・中井さん・進歩さんがゲスト的な出演をしてます。
1話目は、修理様と郡司の出会いのシーン。
二人を引き合わせるのが緑川光さん演じる「立見平九郎」、郡司のお兄さんで、姿形が超そっくり!!!な兄弟って設定。
なんですが、緑川さん演じる平九郎さん、お話初っ端から故人でした。
緑川さんが二人をつないでるキーパーソンなんですけど、お亡くなりになられてるので、緑川さんの出番のすべてがエコー処理の回想シーン
そこそこにしゃべっていたとは思うんですけど、ほかの役者さんとの会話シーンがほとんどないので、出番が超短く感じられる、いや、実際短いか?
なんだろう、中村春菊さん原作ものに出てくる緑川さんの使い方って贅沢よね。
セカコイの美濃さんとか、緑川さんなのに何も起きないポジション、あーもったいねー緑川さんなのにもったいねー!!

2話目に出てくるのが郡司の昔馴染みの熊田勝太郎さん通称クマ、お声は中井和哉さん。
中井さんが見事にクマっぽかった、下町っぽかった、超良い人そうだった。
っていうか、郡司よりよっぽど若様の面倒を見てた気がする。
クマさんが出てくるとドラマに「ドタバタ感」が出てきてテンポが弾みます。
中井さんの3枚目崩しの演技って、好きだなぁ。

3話目の舞台が吉原です、そんな時代のお話と言えば・・・みたいな?
ここで出会うのが楼閣の主人筧才蔵、お声は千葉進歩さん。
吉原に店を持ってるだけあって、かなりの実力者、華やかな見た目に反して男前です。
才蔵さんは謎の人物って感じでしたね、結果的に修理若様に良くしてくれるんだけど、クマさんの「善人全開」とは対照的に「何か裏あるでしょ絶対」って言う雰囲気でした。
ちなみに、クマさんは才蔵を女性と勘違いしてフォーリン☆ラウ゛でした、若様に秒速でツッコまれてましたけど。
阿沙利と近衛だと「マテコルァ」ですが、「なんだかんだでシンセングミの人って局長大好きだよね」って思うとほほえましいです。
・・・・・・あ、また話がそれちゃった

3話それぞれ、お話の感じもテンポ感も違ってて、なんて言うの、交響曲?みたいな??そんなお話でした。
キャストも美味しい所取りで、春菊ファンで是ファンな花杏は2度おいしいかったです。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*