「おいらリアルがわかんねぇ」
花杏にもわかんねぇ、てやんでぇべらんめぇリアルってなんなんだ?

真夜中の弥次さん喜多さん 愛と幻覚のセレナーデ

CAST 諏訪部順一×櫻井孝宏 石田彰 谷山紀章 中田譲治 山本麻里安 福山潤 皆川順子 子安武人

あらすじyajikita
江戸の長屋に住む弥次さん(諏訪部さん)がディープに愛する恋人喜多さん(櫻井さん)は幸せになれるおクスリが手放せないちょっと困った人。その「ちょっと困った」喜多さんが、ヤクの禁断症状から「とっても困った」事をやらかします。喜多さんの悪癖に困り果てた弥次さんは、二人でお伊勢さんに行くことに。ラウ゛ラウ゛な二人が手に手を取り合ってリアルを探す道中、首になった若様に出会い、棒っくいの弟を愛する岡っぴきに出会い、人面瘡の弥次さん喜多さんも出来て、もうどれが「リアル」で何が違うのかわけがわからないけれど、その中で二人が見つけた「リアル」とは?
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

・・・・・・あぁぁ引かないでCDジャケットの濃ゆいイラストに引かないで。
良かったらちょっと読んでいってくださいませ、ささ、ドゾドゾ。

えー、「真夜中の弥次さん喜多さん」です、クドカン初監督映画でジャニーズのあの人と歌舞伎役者のあの人が主演を務め、映画冒頭で吸引力抜群のディィィィプチッスをかまし、「♪どっこいおれたちゃホモだもん」と高らかに歌ってくれたあの作品のドラマCDです。
公開時かなり話題を集めた作品なので、見た人も多いんじゃないかな?
映画好き花杏も、もちろん見ましたよ、漫画も買いました。
一般的に受けるのかかなり微妙な作品なので、映画もこのCDも手放しで「おススメです」とは決して言えませんが、花杏は好きです。
弥次喜多映画の感想はググればいくらでも出てきますので、映画観たこと無い方は読んでみるもの良いかも。
このブログはドラマCD感想ブログなので映画の感想は書かないでおきますが、映画での全ての魂が荒川良々さんだった演出にはハートぶち抜かれました♡
ちなみに、映画とCDでは原作から採用されたストーリーが異なりますので、映画知ってる人でも楽しめる2度おいしいつくりになっております。

弥次さんと喜多さんが伊勢参りに行くお話なので、元ネタはみなさん歴史の授業で勉強したであろう「名前5文字中漢数字が3個」の十返舎一九さんの『東海道中膝栗毛』なわけですけど、このお話がどんなものだか知らなくても全然大丈夫です、っつか花杏知りません、江戸時代の長編小説なんて花杏に読めるわけがない。
主人公はワイルドで熱いお口の周りがかなり青々としてる男弥次さん(諏訪部さん)、小さなことにはこだわらない、ゆえに運命的な出会いをした喜多さんが男でも全然オッケー。
金髪碧眼キャラどーんの諏訪部さんにヒゲの濃い江戸っ子役がまぁ似合うこと似合うこと。
濃い!
耳からの音声だけなのに濃い、濃いよ弥次さん特濃だよ。
そんな弥次さんと恋仲の金髪の髷もイナセな優男喜多さん(櫻井さん)は、あらすじでもご紹介したとおり幸せになれる白いお粉が手放せない困ったチャンで、お粉でトリップするうちにリアルがわかんなくなっちゃいます。
っつか喜多さんの言う「リアル」が現実なんだか虚構なんだかすでに分からなくなっちゃってます。
何がリアルじゃないって喜多さんの髷が金髪なのが一番リアルじゃないです。
そもそも、なんで金髪なのか一切説明ないし、映画でもたしか触れてなかったし、原作にも書かれてない。
脱色したのかもしれないし、南蛮渡来の人かもしれない、ホントのところは全然分かんないんです。
そんなリアルじゃない人がリアルを求めて旅をするんです、この時点で「何この話面白っ♡」ってなる。
逆に「髷が金髪って、ハァ~?」ってなっちゃう人にはお勧めできないドラマなんですよ。
櫻井さんの喜多さんはキャワユたんです。
「おいらはぁ~弥次さんと一緒ならどこでもいいよ~」
ってなんすかこの子は天使ですかヤク中なのになんでこんなにキャワたんなんですか?!
やだもぅなにこのホモカップル超可愛いんですけど、っていうかオープンすぎなんですけどカミングアウトしすぎなんですけど。

ヤク切れの喜多さんのところにやってくるのが薬売りのカエル(石田さん)。
えぇ、カエルです、カエルという名の薬売る人なんですけどゲロゲロのカエルなんです、つまり人間なのかカエルなのかは深く考えちゃいけませんどっちでもいいですそんなの。
ゲロゲロの石田さんが切れて
「このモーホー野郎っ(巻き舌)」
ってセリフがなんかツボりました、いやあの、あなたも結構その手の役やってるじゃん、みたいな。

続きまして、大磯で出会うのが松平空の守(谷山さん)
♪君の瞳は星屑~~屑屑ゴーゴーダンスでちょんまげ~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ナニソレ。
映画に採用されなかったエピソードの空の守です、とんでもなくシュール満載のエピソードですけど、映像にはならなかったんだよね。
そりゃ生首の若様がしゃべったり空高く放り投げられたりかまぼこになって食べられたりするエピソードを映像にしたらいくらなんでもグロすぎだよね。
このエピソードはドラマCD向きだったというコトで(*゚∀゚)っ
空の守様のライブで嵐到来、大磯はなーんにもなくなっちゃうんです、空の守様の生首以外は。
生首になっても谷山空の守様は素敵な若様っぷりを失うことなく、弥次喜多の旅のお供に。
意味は考えるな生首の若様はお伊勢参りに一緒に行きたいだけなんだ「・・・生首??」とか疑問に思っちゃいけない。

続きまして、おなかが空いた弥次さんと喜多さんと生首(お腹は無くても腹が減るんだよ!)は、道中にあった吉GYUという牛丼屋さんへ(。 >艸<。)
ここからちょこっと時事ネタ入りま~す。
牛丼の吉GYUは、狂牛病でアメリカ産牛肉の輸入が規制されたため、この日が牛丼販売最後の日。
お腹かが空いてキレ気味の喜多さんは、前のおじさんと取っ組み合いの末順番を横取りし、喜多さんが吉GYU最後のお客さんとなりました。
ちなみに、この取っ組み合いで空の守の生首は遠いお空へ飛んで行ったのでありました。

吉GYUを出た二人は木陰の棒っくいで一休み。
ここにやってくるのが岡っぴき(中田さん)、二人が休んでた棒っくいは名前を「ヒロシ」といいまして一家惨殺の凶器なんだと。
ここで時事ネタその②「ヒロシです」、中田さん、ありがとう。
ちなみに本当の「ヒロシ」は岡っぴきの弟の棒っくいで、色つやもきれいでそこら辺の棒っくいとは違ってたそうな。
重ね重ね言いますが、弟が棒っくい??????とか悩むのはやめましょう。

さて、吉GYU事件で行方不明になってた空の守の生首ですが、岡っぴきと別れた後無事再会します。
強靭な精神力の若様ですが、生首になってはさすがにもう長くはないそうで、若様は人生の最後を美味いかまぼこになることで締めくくることに決めたようです。
大切なことなので何度も言いますが、いちいちツッコんだり意味を考えたりしない方がよろしいかと思います。
というわけで弥次喜多はかまぼこの聖地小田原宿へ。
若様は無事かまぼこになりまして、できたてほやほやのかまぼこをガッツリいっちゃった喜多さんはトリップ、夢の中で空の守様とあやとり遊びです。
空の守の懐でひと眠りした喜多さんが目覚めるた場所は旅籠、そこで出会うのがアキバ系メイド(山本さん)、というわけで時事ネタその③「お目覚めですか~ご主人様ぁ♡」
「両手を耳に~ニャン」(by山本)「両手を耳に、ニャン?」(by櫻井)
もーおいらには何がホントで何がウソでどれが現実でどれが夢なんだかさっぱりです。

一方の弥次さんは箱根宿で温泉につかってます。
そこにやってくるのがインタビュアーの福山潤(福山さん)・・・・・・・・ん?
・・・・・・・・・うん、間違ってない、福山潤役の福山潤さんだ、素の福山さんだ、うっすら寒い会話とかすっげーリアルだ、このドラマCDのなかで一番リアルな存在だよあんた。
福山潤役の福山潤さんが去った後、現実の喜多さんがやってきますが、現実の弥次さんと現実の喜多さんの他に、喜多さんそっくり人面瘡と弥次さんそっくり人面瘡も出てきます。
めんどくさいから説明は省きますが、喜多さんそっくり人面瘡はかなりオネェです。

で、(略)二人の腕がくっつきます。
(中略)
とろろ汁を食べた喜多さんが痒さに負けでヤクに手を出します。
(さらに略)
で、エクスカリバーを引き抜いた喜多さんはアーサー王になってつながった腕を切り落とし、弥次さんは死んでしまいます。
で、三途の川で脱衣婆(皆川さん)に出会います。
略しまくりましたが、説明したところでまともな説明文になるとも思えないのでこのままでいきます。
脱衣婆は絵はアレですけど、実にいい女です。
喜多さんにはキノコの森のキノコバーを紹介して、弥次さんには生き返る手助けをしてくれます。

最後に登場するのがキノコバーのバーテン(子安さん)。
ここで喜多さんが出会うのが元気で明るいウソの弥次さん。
この弥次さんは、喜多さんの想いでできてます。
ちなみにバーテンもウソのバーテンで、奥さんの想いで実体化してる人。
ここで時事ネタ④、コヤス氏による「クーックックックックッ」(クル々曹長)。

・・・・・・・・・・・・・・・・本人じゃん。

一方の弥次さんは脱衣婆と一緒に命の門へ。
ここでさらに時事ネタ⑤、皆川さんの「まだまだだね」(越前リョゥマ)。

・・・・・・・・・・・・・・・・だから本人じゃん。

色々あって、弥次さんは命の門を超えて生き返ると。
んで、キノコの森でウソの弥次さんを思い続ける喜多さんのもとへやってくると。
カクテルでイっちゃってる喜多さんの横で、ウソのバーテンと本物の弥次さんとウソの弥次さんが対決です。
っつか、本物の弥次さんとウソの弥次さんややこしすぎです。
キノコの森の消滅でウソのバーテンもウソの弥次さんも消えてしまいますが、喜多さんには幻覚でも夢でも弥次さんを愛してる気持ちだけはリアルだってわかるんです。

ウソの弥次さんが消える前に、本物の弥次さんに右腕をプレゼントしてくれたので、エクスカリバーで切られた本物の弥次さんの右腕は元通りになります。
ウソの弥次さんのプレゼントなのに本物の弥次さんの腕になっちゃう、最後の最後までリアルがリアルじゃない。

弥次さんと喜多さんの旅は、あっちからきてこっちに行く、てやんでぇべらぼうめぇ、二人の旅はまだ続く~。

というお話でしたが、記事にしたところでまるで訳が分かりません。
でも説明これで限界です。

最後にもう一度言っておきますが深く考えないで聞いてみてください。
直感で「ん?」って思ったことが、きっとあなたのリアルです。

とか言ってみたところで意味不明ー!!!

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*