登場人物がリンゴさんと一二三四五。

魅惑ノリンゴ
CAST 小野大輔×浜田賢二 宮田幸季 山中真尋 鈴木達央

あらすじ3e40bcd8.jpg
リンゴ、お前を落としてやる!
おぼっちゃま学校に赴任してきた国語教師林悟(はやしさとる・一条命名リンゴ)(浜田さん)は、過去のトラウマから実は大の金持ち嫌い。なのに、学校一の御曹司一条圭(小野さん)になぜか気に入られてしまった。一条の友達三井(山中さん)と四根倉(宮田さん)と、なぜか(一方的だけど)ライバルの二ノ宮(鈴達さん)まで巻き込んでのリンゴ攻略作戦は果たして成功するのか?!

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

DABA押し今回は小野大輔さん!
セメなのに可愛い小野さん堪能CDをご紹介いたします。

小野大輔さんは、高すぎず低すぎずの実に「ちょうどいい」音程と、癖が少ない声質を併せ持つ、「聞き心地の良い」声の持ち主。
役柄的に似合うのは20~30代の好青年(色気かなり多め)。
ゥヶセメどちらもできちゃうけど、花杏は「セメ」の方が好みです。
ちなみに小野さんは、セメ側に回ると色気倍増します。

それでかなんでか、「高校生小野セメ」がやたら工口い。
そんな高校生いたら平穏な高校生活送れんわって叫びたくなる。
小野さんがいい男なのは分かってるから、ティーンズの時はその工口ㇲ封印しておいて!

で ・ も ぉ 。
このCDの高校生小野さんは正解でっすψ(`∇´)ψ
超お金持ち一条グループの御曹司(セメ)大正解。
小野さんがやんちゃでカワイイc(>ω<)ゞ
こういうの待ってた、こういう小野さん待ってたー!!!

んで、小野さんの話は一旦しまって、作品のお話。
このCDジャケの感じ、なんか見たことある。
独特なPOPの色使い、つむじからそびえ立つアホ毛、そしてなによりこの強烈な目ヂカラ!
そーだあれだ、花杏のNo.1井上和彦さんリピCD「オヤジ拾いました。」だ。
そーいえば主人公が金持ちの高校生とか、ゥヶは年上社会人とか、似てるっていうかそのまんまっていうか・・・・・・っていうかそのまんま!!!
アレなんだよなー、同一作者で主人公設定が同じだと、良い作品でも2番目に聞いたCDの印象よくなかったりするんだよなNOW HERE参照で…(´・ω・`))
でもな~、こっちはラブコメでギャグっぽいし、CD
1枚にまとまってる作品だし、そこまで構えなくてもいい気もすんだけど・・・うぅ~~~ん(-゛-メ)
なーんて不安を持ちつつも聞いてみました「魅惑ノリンゴ」

結論

こっちの「金持ち高校生×普通の社会人」も面白いじゃないのヽ(´▽`)/

金持ち高校生は確かにチョイかぶりだけど、年上ゥヶさんがまるで違う。
オヤジ~の井上さんはピュアで可愛いオヤジだったけど、リンゴの浜田さんはピュアでも可愛くもない、っつかふてぶてしい、「本当にお前がゥヶなのか?」とつっこみたくなるタイプでした。
それから、主人公の周りにいるご友人の皆様が楽しい。
っつか宮田さん、とにかく宮田さん、なんてったって宮田さん!!!

またしてもミラクル宮田が全部持っていくよ!!!!!

学校の先生すら媚を売ってくる超お金持ち一条家のお坊ちゃんに、唯一逆らったのが林先生で、一条君は初めて出会った「自分の思い通りにならない大人」に恋します。
典型的シンデレラストーリーを王子様側から見た、っていうお話だね。
ストーリーにはこれといった珍しい展開はありませんが、脇を固めるキャラクターは非常に個性あふれる面々がそろっております。

一条君の仲良しで、リンゴ攻略に協力してくれるのが三井君(山中さん)と四根倉(宮田さん)。
それから、一条の自称ライバル二ノ宮(鈴達さん)。
この人たちがねぇ、面白いの、みんなキャラ濃くて、超薄口キャラの三井君すら、この中にいるとなぜかキワモノ。
そして四根倉、ミラクル宮田、何だこの乙女キャラ、M属性妄想暴走乙女キャラ!!!
BL乙女キャラ選手権があったら出場した方が良い、優勝候補だよ絶対。
坊ちゃん小野&乙女宮田&薄口山中、なんでこの3人が友達なんだかさっぱりわかんないけど、バランスだけはめちゃめちゃイイ!
そして一条のラウ゛ラウ゛作戦に超協力的!基本素直でいい子たちです。
そこにいちいちちょっかい出してくるウザキャラ鈴達さん、ホント個性的すぎる高校生たちです。

そんな個性あふれる高校生たちを教えるのが浜田さん演じる林先生。
態度悪いよ~この先生、青少年たちのお手本となる存在とは程遠いよ。
っつか、生徒の前でタバコ吸っちゃダメじゃね? 可愛い生徒の顔面めがけて煙ふぅ~~~とか、ダメじゃね(゚m゚;)??
更に生徒にケリ入れるし、グーで頭ゴンするし、教師による体罰が大問題となってる現代日本では生き残れないよ~先生~~~||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||

リンゴ先生と一条・二ノ宮・三井・四根倉・・・おっと「五」が抜けた。
物語後半から登場するのがリンゴ先生の昔の男、その名も「五木弘先生(真殿光昭さん)」です。
さぁ声に出して読んでみよう「いつきひろし」♪よこはまっ♪たそがれっ♪だゴルァッ!
文字で見るとそれほどインパクトはないけど、小野ボイスで耳から来ると「いつきひろし」に破壊力が生まれて困ります、っつか笑えます、たかが名前なのに笑えるからヤメテ(ノ∀`)
五木先生はリンゴ先生が学生の頃好きだった人で、リンゴ先生の金持ちトラウマの原因を作ったお方です。
この方が登場してくれるおかげで、「態度悪くて乱暴者のごついゥヶ」が実はカワイイ人だってことがわかります。
五木弘いなかったら、リンゴ先生ただのごつい「ホントにこいつがゥヶなの?」キャラで終わってた。

お話のノリは、「先生に恋する女子高生風」です。
そんな少女マンガ読んだ読んだ、キュンキュンしながら読んだよー!
先生×生徒、イイネそれイイネヽ(*≧ε≦*)φ
でもBLだと生徒×先生の方が多いかな?きみが恋に堕ちる(生徒×先生 花杏のNo1CD!)とか、恋ひめやも(元生徒×先生 DABA絡み)ってのもあったな。
このお話も生徒×先生だね、生徒のノリが女子高生だけど、年下セメだね。
前に紹介した生徒×先生はしっとり系シリアスストーリーでしたが、このお話は突き抜けてるゾ!
楽しい、こんな生徒×先生もイイo(*^▽^*)o

ラウ゛展開は、ちょっとした事件をはさんで学園もののお約束資料室ェチィへ。
青春だねぇ二人の秘密の資料室ヾ(´ε`*)ゝ
・・・お相手先生だけどね(lll゚Д゚)
・・・・・・BGMが夜の街風だけどね∑(゚∇゚|||)

にしてもこの高校生小野大輔さんは本当にキュート

相手がゴツいおっさんってのも、可愛さに拍車欠けてるΣ(゚д゚lll)

カワユらすぃ小野大輔さん堪能させてもらった!

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*