常に斜め上を行く男飛田展男さんが今回は別ベクトルに飛んだドラマ。

NOW HERE
CAST 鳥海浩輔×飛田展男 立花慎之介 三宅健太

あらすじ
d476754d.jpg
派手な恋愛をしてきた福山智(鳥海さん)がある朝目覚めたとき、腕に抱いていたのは好みのタイプとはかけ離れた枯れオヤジ仁賀奈正敏(飛田さん)。仁賀奈は会社の別部署の上司で、飲みの席で思わずいつも通りに口説いてしまったらしいのだが、全く記憶がない。こんなオヤジと一体どんなセックスをしたんだろうか。恋愛とは全く別の単なる興味でオヤジに付きまとって、折を見てこっぴどく振ってやるつもりだったのに、振られたのは、オレ?

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

えらいCD借りちゃいましたよ。
CDパッケージのどこを探しても萌えがまるで見当たりません。
あえて言うなら「×飛田展男」に萌えられそうなんですが、プラチナで聞いた美しい飛田さんを期待してはいけない絶対裏切られる、という予感だけはします。
予想の斜め上を行く男飛田展男、今回はどこから来るんだろう((゚゚дд゚゚ ))キョロキョロ

斜め上どころからじゃない、異次元から来た!━((゜Д゜Uu))━!!!
2次元の紙の上で話してたのに3次元通り越して4次元の世界から来
ってくらい次元が違ーう!!

飛田さんどんだけ引出持ってらっしゃるんでしょう。
枯れきったオヤジでとの注文だったらしく、見事な枯渇っぷりだったんですけど、なんというかえーっと、あのその、とりあえずね。

世の50歳のオジサマ達に謝れ。(褒めてます)

最近の50歳サラリーマンはきっと「俺たちはもうちょっと頑張ってる」って言うと思います。
少なくとも

マイケル富岡には謝っておけ。(褒めてます!)

みたいな?
「俺は30歳の奴らより頑張ってる」って言うと思います。

30歳と50歳のシリアスラブストーリーとのことですが、飛田さんの仕掛けにいちいち引っかかってしまうので笑えてしょうがなかったんですが(*゚∀゚)=3
想像してみてください、もしあなたが福山役で録音ブースにいたとして、すぐ隣のマイク前で飛田さんが枯れオヤジ全力疾走。
はいイメージふくらまして・・・枯れ飛田さんが全力で全力疾走演技。
・・・(。・w・。 )
・・・・・・(´,_ゝ`)プッ
・・・・・・・・・`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
・・・・・・・・・・・・(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
ね?笑ってしまって絶対まともに収録できないと思うでしょ、大真面目にあれやられてスルーするなんてできないっしょ?
鳥海さん、どうやって収録乗り切ったんだ?

えーっと、そうそう、お話。
30歳ちょっとモテなくなってきてる根っからのゲイ福山智に鳥海浩輔さん。
相手の気持ちなんか考えない超自己中男で常に自分主観で愛情無理やり押しつけ型。
BLで色んなダメ男聞いてきましたが、こいつが一番ダメだと思った。
だってこの恋愛ハッピーエンドで終わってほしくなかったもん。
このアホ男にはありえないタイプの人からこっぴどく振られてしばらくおとなしく隠れてろ、って本気で思っちゃった。

お相手50歳未婚の経理部長仁賀奈(にがな)正敏さんが異次元から飛来した飛田さん。
趣味野鳥観察(バードウォッチングというヨコモジは似合いません)
社長と社長夫人の学生時代からの友人で、実は社長夫人に思いを寄せています。
自分のことはほとんど話さず、表面やさしそうだけどそうじゃなくて自己主張がないだけのウジウジさん。
この人もこの人で、福山みたいなやつに一回自分の世界粉々に砕いてもらった方が良いぞと思った。

で、なんだろうこのデジャヴ感。
愛情押し売り男と優しい仮面ドヘタレの組み合わせ。
同じような重たい話運びで、この恋愛上手くいかない方が幸せなんじゃないかと思ってしまう、なんか聞いたことある気が・・・す・・・・る・・・・・・・ってぇ、アレだ!

美しいことだ。

ゥヶセメは逆だけど、根本が同じだ。

って思ったら原作者さん同じか。

この方の作品はこの手の人たちが主人公張るのがお約束なんでしょうか?
正直、美しいことで5時間弱この手の恋愛話聞いたんでもうお腹いっぱいなんですけど(;;;´Д`)
Aランク松坂牛のステーキをデミグラスソースでいただいた後に同じステーキをわさび醤油で出されても同じようにおいしいとは感じないのですよ、一皿目だけで十分です。
美しいことを知らない人には新鮮だと思います、美しいことを知ってる人でも30歳×50歳はかなり特殊なのでその点では新鮮かもしれません。
とりあえず飛田さんが凄かったんで全部聞きましたけどね。

そう言えば脇に立花慎之介さんいたな、普通の会社員だったな。

そういえば三宅健太さんもいたな、お姉さま役で。
もっそいオットコマエなお姉さまだったな。

借りてるCDでまだ聞いてないのがかなりあるんだけど、たぶんこの原作者さんのまだあるはず。
(ストック検索中)
うん、あった。2作あった。
どっちもかなり気になる作品なんだけど、しばらく熟成させてから聞いてみようと思います。

とりあえず、飛田さん、あなたは凄かった。
でも、プラチナを聞いたときに
「美人受けって、飛田さんのために作られた言葉」

って書きましたが、
その称号今すぐ返してくれ
って叫びたくなりました、そのくらい凄かったです。

    褒  め  て  ま  す  

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*