日常ファンタジー設定のBLCD。大陸のドラマだったら絶対事件ものになるはず、でもBLでーす。

言ノ葉ノ花

CAST 小野大輔×神谷浩史

あらすじfb223972.jpg
順風満帆な人生を送る余村和明(神谷さん)に、ある日突然不思議なことが起きた。――人の心の声が聞こえる―― この不思議な力に翻弄され、余村は仕事も人とのかかわりも絶ってしまった。それから3年、超能力は消えていなかったが、コントロールできるようになっていた。ところが、驚いた拍子に聞こえてしまった長谷部修一(小野さん)の心、その心地よさに気持ちが奪われてゆく。

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.


良作といわれているものは聞いておこう。
と思っていたんですが、先に言っておきます、このCDを初めて聞いたとき、CD2枚目で聞くのをやめてしまいました。
なんでだろう?話がつまらないわけでもないんだけどな?
もしかして花杏は神谷さんゥヶが苦手なんだろうかとも疑いました、だって私BLCD聞くきっかけになったのは「世界一初恋」の千秋と優だし、お気に入りCDは「きみが恋に堕ちる」という人なんで、神谷さんにゥヶイメージが無いんですよ。
でも神谷さんの演技は好きだし、なんで途中でやめたかな???と思いつつ聞いた2回目、原因突き止めました!

これ、恋愛重視で聞いてると、後半さみしくなるんです。
主人公の「心の声が聞こえる」設定のおかげで、好意を寄せてくれてる相手が思うたびに「好き」って言葉が音声化されて耳に届きます。
この「好き」の登場回数、他のBLCDにないくらいのハンパない高頻度です。
想像してみてください、小野さんが何度も何度も「好き」「好き」って言ってるのを。
これすんごい心地いいんです、主人公のモノローグとリンクしてこっちまでシアワセ~な気持ちになっちゃう。
ところが、後半になるとこれがなくなるんです、今までしつこいほど聞こえてた「好き」が全然なーいー!!
さみしいです、せっかくさっきまでいい気分で好き好き言われてたのに、小野さんもっと言ってー!!!

加えて、超能力あり⇔なしの差のつけ方が激しい。
1枚目のラストシーン付近の主演二人の迫力がすごい、神谷さんのこういう感情の演技は、どの役のを聞いても手抜きが一切ない、真に迫ってます。
盛り上がって凄い盛り上がって超盛り上がりまして・・・・・・で2枚目。
最初はラブラブ、まだこの辺は賑やかなんですが、能力が消えた主人公の喪失感を表すために、そこから後はかなり静か、主人公と一緒にこちらの不安感も煽る煽る。
ぱたっ、とすべて奪われた感が、聞いてる側にも伝わってくるんです。
その空気感を物語として楽しめればいいんですが、置いてきぼりを食らうと先に進めなくなるんですね。
1回目の視聴時には、完全においてかれました。

とまぁ途中で放り出しちゃったわけですが、「言ノ葉ノ世界」を聞いてみたかったので、そのためにはこちらを知っておいた方がよさそうだったので、2回目は視点(耳点??)を変えて、二人の恋愛よりも超能力に振り回される男の物語として拝聴いたしました。
そしたら何の違和感もなく最後まで聞けたんです。
花杏にとってこのCDのメインはBLではなく、余村さんの超能力に対する葛藤の物語だったようです。
あーれーー?? 私BLCD聞いてるんだよね、でも恋愛重視で聞くと最後までたどり着けないCDって、なんかちょっと本末転倒゚゚(´O`)°゚

CD自体のドラマ性はものすごく高いと思います、N○Kラジオドラマ風?みたいな??声優さんたちの演技も細かなところにこだわる演出も、BLCDっぽい感じがあまりしなくて、良質のドラマ感がたっぷり。人気声優が作ったって感じがなくて、役者に日常の演技をさせましたって感じ・・・まぁ神谷小野人気で買ってる人もかなりいるとは思いますけどね(;´д`)

自分に寄せられる好意がわかってるところから始まる恋愛、相手の気持ちを知るうちに、自分も恋に落ちていきます。
この過程はすっごく好きです、何度も言いますが小野さんの好き好き攻撃はとってもいい。
時に心地よく時に切ない、恋のくすぐったい感じにあふれています。
そして私のお気に入りの泣き神谷、あります、がっつりあります、やっぱすごい。
ただなんだろう、「面白かったー」とか「これおススメー」とか、言い切れない(;´Д⊂
ドラマCDとしての出来は良いんだよ、演出とかとてもいいんだよ。

でも「ドラマ」CDが聞きたいんだったら別にBLじゃなくたっていいじゃ~ん。

ドラマもBLもっていうなら両方が楽しめる作品他にあるじゃ~~ん。


良作といわれているものは聞いておこうシリーズの第一弾。
聞いてそれが自分にとってどんな作品になるのかは、自分でしか判断できません。
これ読んでくださってる方も、某wikiやほかのレビューサイトでの情報に惑わされないで聞いてみてください。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*