世界一初恋の主人公たちが絡んでるっていうから聞いてみたら律っちゃんが男前でカッコ良かったよ、っていうCD。

オトナ経験値
CAST 近藤隆×立花慎之介 平川大輔×武内健

あらすじ379e0e11.jpg
イケメンハーフ高校生の尾山夢二(立花さん)が中学時代から引きずる深刻な悩み、それは『ナニがアレしないこと』。親友の丸井(平川さん)や村里(武内さん)が何してもどうにもならなかたアレが、なぜか後輩の新海清司(近藤さん)にだけは反応しちゃう。ナンデドウシテ理由が全然わかりません!!こいつに逆らえないのもなんでなのー?!あぁもぅ本当ムカツク(*`∧´)


.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

BLCDデビューが世界一初恋だったので、近藤隆さんも立花慎之介さんも、どーしても律ちゃんと千秋イメージ先行。
だから近藤隆×立花慎之介とか書かれても、「いやそれあの書店の少女マンガ編集長と副編集長が黙ってないよ」という感想が真っ先に思いつくのも仕方ないよね。
そうだよネ仕方ないよネあははのは~~~\(;゚∇゚)/

物語の舞台は普通の共学校、って待ってちょっと待っていいからとりあえず待って、良く考えたら全っ然普通じゃないよこの学校(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.
色々おかしい人たちが揃ってたよ、メイン4人のほかにもゆるい思考の女生徒とか先生とか、いやそのなにその多感なティーンズたちの思春期はともかく、先生何してんの先生はダメでしょ?大丈夫かこの学校?
・・・・・・・・・・っていう「あぁ全体的に緩いんだね・・・」な普通の共学校でのお話です。

メインは4名、不能の子羊ちゃん(立花さん)と、それを狙う年下狼君(近藤さん)と、頼りになる鬼畜メガネ(平川さん)と、ダメ下半身のピュアっ子(武内さん)、あーキャラ濃いなぁ。んで、それぞれがカップルになる過程が大まかなストーリーライン。
お話を引っ張るのは立花子羊ちゃん、この子のセリフに被る心の声がとっても素敵で、頭の中では自分も含め四方八方突っ込みまくりです、ただ、声に出して言えない(ノ_≦。)見事なヘタレっぷりです。立花さんの発するヘタレが波状攻撃で耳に襲い掛かるのを、ぜひ体験してみてください、これだけ間髪入れずにヘタレられると、いちいち突っ込むのも面倒になるものなんですね。
その立花子羊ちゃんの抱える大きな秘密に事件が起こります。例のナニが新海君に告られてキスされただけで復活します、って新海君、君すごいよ。
でも「たってるぅ///」って、子羊ちゃんの孫羊はクララかっての、じゃ何か、新海君はハイジか?
そのクララをたたせるためにマルとしてた秘密の特訓ってのもおかしいけど、やってることに全く合わない冷静な二人の会話もおかしいよ。
とにかくいろんなところに笑いのスパイスを効かせまくってるCDです。おバカ工□かわいい。

ってそーだ、平川さんだ、鬼畜ドS平川って珍しいもの聞かせていただきました。
平川さんに関しては、シリーズもののメインゥヶちゃんに何度聞いても泣いてしまうお気に入りCDがあるんですが、それとは真逆のマルの演技、ヘタレ一途ナヨナヨという弱者が多い方だと思うので、たまにこういう役やると、役者さんとしても楽しそう。
「俺鬼畜役キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
とかなりそう。
合わせて武内さんも
「俺淫乱役キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
とか。 花杏の妄想の現場すっげー楽しそうじゃん。


っていろいろ書いてきましたがこのCD、インポの話ですよ。
(最後の最後で書いちゃった、テヘ(゚ー゚; )

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*