なんで井上さんはオヤジ役が似合ってしまうんだろう・・・イケメンボイスなのに崩してもハマる、そんな井上さんを堪能してみましょう第一弾です。

純情テロリスト
CAST 井上和彦×岸尾だいすけ 伊藤健太郎

あらすじ474877ad.jpg
松尾芭蕉をこよなく愛する30代半ばの大学教授の宮城庸(井上さん)は、2年前学部長の娘と結婚したが先日離婚した。そこに奇襲をかけてきたのは元嫁さんの弟ハイティーンの忍(岸尾さん)。突然呼び出されて何を言われるかと思ったら、「好きなんだけど」ってそれはいったいどこの言葉でしょうか?2週間同居ってどうしてなんでしょうか?どうして俺はキャベツばかり食わされているのでしょうか?最近のガキの考えることはもうホントにわけがわかりません。

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

世界一初恋視聴ついでに純情ロマンチカも見ちゃいました。そしてCDも聞いちゃいました。
世界一初恋と同じく、こちらも3組(・・・・・・それぞれ後付でもう一組増えるケド( Д) )のカップルが出てきます、主人公が入れ替わるのって中村作品の特徴なの?
テロリスト編は、ロマンチカのセメの幼馴染がエゴイストのゥヶで、その職場の上司がテロリストのセメ、なのでメインストーリー「ロマンチカ」との接点はほぼゼロです。
ロマンチカとの絡みはないけど、エゴイストとのリンクはたくさん、なので、純情エゴイストを知ってから聞いた方がより楽しめますc(>ω<)ゞ
だって宮城教授、エゴイストではただの面白いおじさんだよ、上條助教授(イトケンさん)の恋を応援してそうだけど面白がってもいてでもちゃんとフォローもしてくれる大人の男なんだよ。
上條の恋っていうより、上條を応援してるよね宮城さんは、上條大好きだもんね。

で・も、いつのまにやら宮城さんも怒涛の恋愛の中心で理不尽を叫んでました。
純情ってついてるけど、テロリスト編はほぼ巻き込み事故でスタートし事故ったまま話が進みます。
たとえるなら、鳴門海峡の渦潮を遠くから眺めていたはずがなぜだか渦のど真ん中に船が進んじゃってぐるぐるしてるうちに「あ、渦ん中も意外と楽しい」なーんて思い始めちゃった、っていうお話です。

さて、物語の主人公はバツイチ独身子供なしの35歳、×の左側の人です。
オフェンス側が主人公って、純ロマシリーズでもセカコイでも、このカップルだけだよね?
お相手は金持ち家の坊ちゃん、17歳高校生、なりふり構わず周りの迷惑も顧みずただひたすらまっすぐにおっさんに突進します。
年の差17歳には言葉すら壁になります、国文学教授のおじさんは高校生の使う日本語を理解することができません。
曰く
「わけがわかりません」

ハイこの設定よーっく覚えといてください。
デジャヴる作品あります、テストに出ますよ覚えておいて(`◇´*)

これ教授側を主人公にした中村春菊さんアナタ大正解!
そして宮城に井上さん起用した人大正解!!
おっさんが未知の生物忍にぶんぶんブンブンそりゃぁもぅ素振りのバットか教授は、ってくらいに振り回されてる感が絶妙☆それこそがテロリストの醍醐味です、ダメになってく教授バンザイ、おっさん視点ブラボゥ。
だって忍側から書いたら多分こうなるよ↓

「俺高槻忍17歳高校生、趣味は宮城、特技も宮城、好きなものが宮城で、将来の夢は宮城、今一番欲しいものも宮城、、長所も短所も弱点も宮城、座右の銘は『宮城好きだ』」
「宮城がいつもよりちょっとだけ早く帰ってきた、やっぱり運命だ」
「キャベツ炒めが焦げなかった、きっと運命だからだ」

・・・みたいな?
うん、たぶん、聞いてる方も
「わけがわかりません」
って言っちゃうよね。
でも、宮城じゃないけど熱意だけは認めてやりたくなります。
っていうか、その気のない相手に対してこれだけ頑張る子も珍しくないか?
ツンツンなのに一生懸命で、かわいい顔してるのに鼻水垂らしながら泣きわめいて、何なんだこいつは・・・・・でもカワイイ、ってその気持ち、わかる、わかるよ教授!
いろんな点でアナタいろいろ間違ったことしてるけど理解できるよ。
とりあえず相手を諦めさせるためにアレをナニするのはダメだと思います。
・・・・・・・・・ま、未遂に終わりましたけど。
お願いされたときも未遂で終わりましたが、このシーンは大人と子供年の差17歳の感じがよく出てて秀逸です。こっちのシーンはアリ、っていうか絶対必要。

にしてもだ、忍君に搭載されてる料理能力スペック低すぎです。
純情ロマンチカの美咲君が高機能すぎるから余計に残念です。
忍君も「The☆漢」読むべきだ・・・・・・って、これ好きでも料理できるとは限らないんだっけ、千秋で実証済みだっけ。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*